サイトマップ
Eris for DESTIJL の使い方 バイナリ編  : Win便利屋
fc2ブログ

現在時刻

Eris for DESTIJL の使い方 バイナリ編  


今も毎月更新されているシリアル集 DESTIJL
今回はバイナリを変更する方法を紹介します。
バイナリとは、プログラムを構成するデータのことです。

eris
  Eris for DESTIJL

  毎月更新されるシリアル集
  DESTIJLを便利に使えるツールです





簡単にバイナリの基本の説明をします。
バイナリは、16進数で書かれています。
バイナリのデータは16種類の記号で書かれていますが、1桁しか認識できません。
つまり、1から9までは認識できるが、10以降の2桁の数字を認識できません。
そこで、9から先は、AからFを使用します。

bin
 わかっていただけましたか?

まずはErisを起動して、”Win-bin”タブからお目当ての情報を検索します。

bin1
  FILENAMEで指定されている
  ファイルをバイナリ変更します。
  表現はTARGETと書いていたり
  色々ですので注意して下さい。

  赤アンダーラインの部分が
  バイナリデータです。






バイナリを書き換えることができるソフト「Stirling」をダウンロードします。
ダウンロードはこちらから -Vector-
stirling
  ダウンロードボタンを
  クリックしてください。
  ダウンロードページに
  移動した後、
  自動でダウンロードが
  開始されます。
  ダウンロードできたファイルを
  解凍してください。
  インストール作業は
  必要ありませんので
  任意の場所に
  移動しておいてください。



解凍したフォルダ内の「Stirling.exe」を起動してください。
stirling2
  1つだけ初期設定が必要です。
  設定→環境設定
  ファイルタブを開きます
  ファイルの排他制御を
  しないにチェックを入れます。









stirling1
  バイナリ変更するファイルを
  ドラッグ&ドロップします。
  ファイルのバイナリデータが
  表示されます。










bin2
000012E4: 04 10
000012FD: C3 02 と表示されているデータを例に変更していきます。
1列記載で1か所変更しますので、例ですと2か所変更します。
000012E4:はアドレスです。
(000012E0)の04番目を変更するという意味です。
Stirlingの画面を見てっください。左にADDRESSとあります。
この欄で、000012E0番を探します。
見つかったら、その000012E0の4番目を確認します。
(04 10)は、4番目のデータを 04から10に変更するという意味です。

わかりましたか?
例の2列目 000012FD:C3 02 の場合
000012F0の列の 0D番目のデータ C3を02に書き換えるという意味です。
すべての変更が終了したら、ファイルメニューから上書き保存をして終了です。

ファイルに不具合が発生する可能性がありますので、注意が必要です。
バックアップファイルを取っておくことをお勧めします。

関連記事
 ・Eris for DESTIJL の使い方 BASE64編
 ・Eris for DESTIJL の使い方 パッチ編

便利だったらクリックしちゃってください→FC2Blog Ranking



関連記事


関連記事


ブログランキング参加中  ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング・ブログ王
    人気ブログランキング blogram投票ボタン



スポンサードリンク


[ 2009年02月23日 21:30 ] 便利Tool悪用厳禁ツール | TB(0) | CM(0)
ブックマークに登録 Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスカウンター
現在までの訪問者
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
スポンサードリンク
メールフォーム
なにかありましたら
ご連絡ください

名前:
メール:
件名:
本文: